FC2ブログ

カプリ島 青の洞窟 イタリア6日目

イタリア旅行記 2018
6月12日
ナポリでは、比較的治安が悪くないといわれている、ベヴェレッロ埠頭に近いところのホテルに3泊した。
今日は、カプリ島・青の洞窟だ。

cap01-1080.jpgDSC07341_DxO-b.jpg
写真1 ナポリ・ベヴェレッロ埠頭からカプリ島へ行くフェリー。
バックは、ヴェスヴィオ火山だ。チケットは特に予約無しで行って購入、すぐに出港だった。
写真2 カプリ島・マリーナグランデ港
小さな船がたくさん。

DSC07302_DxO-b.jpgDSC07269_DxO-b.jpg
写真3 青の洞窟へは、船で一周する方を選んだ。料金はほとんど変わらなかった。
写真4 途中、岩に空いた洞穴を何カ所か回りながら行くのだが、ごらんのように水はとても綺麗だ・・

DSC07330_DxO-b.jpgcap02-1080.jpg

写真5 ようやく青の洞窟の入り口へ
ここで小舟に乗り換えるのだが、船もけっこう待っているが、バスで来た人々もかなり待っている(写真上方)。
写真6 青の洞窟内
かなり時間をかけて、ここまで来たが、洞窟内滞在時間は3分ほど・・・
6は4Kビデオからの切り出し。
4Kビデオは
Capri Blue Grotto 4K カプリ島 青の洞窟に入れたが、小舟がひしめきあっていて・・・α7R2+18105G

DSC07339_DxO-b.jpgDSC07346_DxO-b.jpg
写真7 マリーナグランデ港へ
写真8 せっかくのカプリ島なので、上まで登った(歩き)。

cap03-1080.jpg写真9 頂上近くのレストラン他

けっこう登りごたえがあった。

ギッシリと建物があるが、庭の広い家が多い。
別荘が多いのかも・・
しかし、この坂だと、買い物等は大変だなぁ・・
たとえ安くても買う気にはならないなぁ・・・

ポンペイ遺跡 秘儀荘 4Kビデオ

pon01-4K-100.jpgPompeii Villa dei Misteri 4K
ポンペイ遺跡、秘儀荘
α7R2+18105Gによる秘儀荘・「ディオニュソスの秘儀」の貴重な4K映像

ポンペイ遺跡 イタリア5日目 後編

イタリア旅行記 2018
6月11日 後編
秘儀荘(Villa Del Misteri)
時間はあまりないが、ここを外すわけには行かない。

DSC07201_DxO-b.jpgDSC07202_DxO-b.jpg
写真1 秘儀荘は、ポンペイの街の外れ(外?)の、一段低いところにある。
写真2 屋根を支えている飾り柱
こんな外れでしかも低いところにある、ということから、なにやら怪しげだ・・

DSC07204_DxO-b.jpgDSC07206_DxO-b.jpg
写真3 扉の絵のある部屋
写真4 左側の壁画
青が素晴らしい。黒字に花飾りの絵・・おそらく当時の実物の絵か?・・

DSC07207_DxO-b.jpg写真5 遠くを見ている人、兵士のようにも見えるが・・

「ポンペイレッド」といわれる、赤色に特徴があるといわれている。

しかし、赤は、ギリシャ、サントリーニ島のアクロティリ遺跡でも同じような赤が使われている(紀元前1700年以前)。
バックにベッタリというわけではないが・・・
アクロティリ遺跡

DSC07208_DxO-b.jpgDSC07211_DxO-b.jpg
写真6 犠牲者がガラスケースに収められている部屋
写真7 6の左面
この部屋は多くの壁画が剥がれているのと、残っているものも劣化していてなんだか分からない。

DSC07216_DxO-b.jpgDSC07214_DxO-b.jpg
写真8 花飾りと鳥の絵が描かれている壁
写真9 抽象画のようにも見えるが、よく見ると、花飾りのライン、両脇には、人(女)の顔もある・・

DSC07220_DxO-b.jpgDSC07219_DxO-b.jpg
写真10 床はモザイクタイル。現代的だ・・
写真11 正面が踊るサテュロス

DSC07224_DxO-b.jpgDSC07227_DxO-b.jpg
写真12 11の反対側の壁画
写真13 これが「ディオニュソスの秘儀」が絵が描かれている部屋
紀元前1世紀、女主人がカンパーニアの画家にディオニュソスの秘儀を描かせた、といわれている。

DSC07230_DxO-b.jpgDSC07228_DxO-b.jpg
写真14 左面 
写真15 右面

DSC07227-31_DxO-2.jpg写真16 中央の核心部分
光線の加減で、反射の影響を少なくするために、少しずらして撮影したものを合成。
少々ずれているが・・・大きい画像を張っておいたので、クリックして拡大あれ。
「秘儀」は、左から中央、右へと進行していく。
信者の入信の儀式を現しているらしい。

おそらく、時の権力からの弾圧を逃れて、この「小屋」でひっそりとヤッテイタのだろうなぁ・・・

ポンペイ遺跡 イタリア5日目

イタリア旅行記 2018
6月11日

ローマからナポリへ
ナポリのホテルに行く前に、ナポリから1時間あまりのポンペイ遺跡へ。
駅でスーツケースを預けて遺跡へ。

pon01-1080.jpg写真1 フォロ(広場)
バックがヴェスヴィオ火山だ。

79年8月24日にヴェスヴィオ火山が噴火し、火砕流によってあっという間に埋もれてしまった。
生活していた人も2000人ほどが犠牲になった。
一挙に建物等が埋まったために、発見されるまで傷みが少ないまま残った(保存された)。
しかし、発掘以降、風雨等にさらされて、近年急速に倒壊しつつある。

午後7時にホテル管理人と待ち合わせたので、それまでにナポリに行かなければならないので、そうのんびりはできない。

DSC07125_DxO-b.jpgDSC07127_DxO-b.jpg
写真2 アポロ神殿
写真3 アポロ神像

DSC07243_DxO-b.jpgDSC07240_DxO-b.jpg
写真4 フォロの左側
写真5 市場

DSC07239_DxO-b.jpgDSC07198_DxO-b.jpg
写真6 名誉のアーチ
写真7 車道と歩道に分かれている。
石畳で擦れているのでかなり通ったということのようだ。

pon02-1080.jpgDSC07137_DxO-b.jpg
写真8 円形闘技場
写真9 大劇場

DSC07142_DxO-b.jpgDSC07196_DxO-b.jpg
写真10 スタビアーネ浴場
写真11 パン焼き釜

DSC07162_DxO-b.jpgDSC07168_DxO-b.jpg
DSC07172_DxO-b.jpg写真12 鍋や皿

写真13 かまどかと思ったが、バーのカウンター
暖かい食べ物・飲み物やワインを入れた瓶をおくところのようだ。

写真14 カウンターの脇に、こんな絵が・・・

DSC07199_DxO-b.jpgDSC07145_DxO-b.jpg
写真15 墓地だろうか?
写真16 噴火・火砕流で犠牲になった人

DSC07188_DxO-b.jpgDSC07233_DxO-b.jpg
写真17 イッソスの合戦図
写真18 「悲劇詩人の家」の犬のモザイク
犬を飼っている家には、「CAVE CANEM」(猛犬注意)のモザイク画があったようだ。

DSC07151_DxO-b.jpgDSC07159_DxO-b.jpg

写真19 コレクション好きの所有者の家
写真20 ステファヌスのフロニカ(洗濯場)の家の壁画

DSC07166_DxO-b.jpgDSC07184_DxO-b.jpg
写真21 パキウス・プロキュラスの家
床一面にモザイク。
写真22 ヴェッティの家 閉まっていたが、中には色々な壁画が、豊穣の象徴?・・・

DSC07133_DxO-b.jpgDSC07133_DxO_tx1.jpg
写真23 素晴らしい壁画とモザイクタイル床の家
写真24 正面壁画の等倍

後編で秘儀荘

フォロ・ロマーノ 古代ローマ遺跡 4Kビデオ

foro-100.jpgForo Romano 4K
フォロ・ロマーノ 古代ローマの成り立ちが分かる貴重な遺跡。写真では捉えにくいところを4Kビデオ撮り・編集。α7R2+18105G。