FC2ブログ

ハトシェプスト女王葬祭殿 ルクソール エジプト旅行記6日目

エジプト旅行記 2017年
12月22日 ハトシェプスト女王葬祭殿

ハトシェプスト女王(新王国時代 第5代目ファラオ 在位怪訝前1478-1458) 古代エジプト初の女王
1961年~修復工事 続行中

_DSC4304_DxO-b.jpg_DSC4310_DxO-b.jpg
写真1 かなり広大でバックの岩山をうまく利用しているのが分かる。
写真2 3500年前のものにしてはデザインが素晴らしすぎる・・

_DSC4319_DxO-b.jpg_DSC4325_DxO-b.jpg
写真3 ごろんと転がっているが、拡大してみると分かるが、左の方に、人の顔が正面から描かれている。おそらくハトホル女神だろうが、エジプトでは、顔は横顔だ。
写真4 ハトホル女神

_DSC4331_DxO-b.jpg_DSC4340_DxO-2000b.jpg


写真5 入口にはたくさんの絵文字が・・
写真6 牛の姿をしたハトホル女神とハトシェプスト女王
分かりにくいので、大きなサイズでアップした。

_DSC4367_DxO-b.jpg_DSC4373_DxO-b.jpg
写真7 3階テラスにある王の立像
よく見ると顔が赤いのが分かる。もともとはけっこう色づいていたんだろうね。
写真8 岩窟至聖所門

_DSC4379_DxO-b.jpg_DSC4379_DxO_t-b.jpg
写真9 至聖所の前の部屋
写真10 9のアップ ハトシェプスト女王と息子のトトメス3世か?

_DSC4382_DxO-b.jpg_DSC4382_DxO_t-b.jpg
写真11 牛(ハトホル女神)に捧げ物をしているハトシェプスト女王か?
写真12 11のアップ 牛だねー・・

_DSC4385_DxO-b.jpg_DSC4313_DxO-b.jpg
写真13 エジプト統一 セマ・タウイの儀式:上エジプトの象徴ハスと下エジプトの象徴パピルスを結ぶ
写真14 葬祭殿から見た広大な景色

王家の谷 3 ルクソール エジプト旅行記6日目

エジプト旅行記 2017年
12月22日 王家の谷 その3 ルクソール
メルエンプタハ王とラムセス4世の墓

_DSC4199_DxO-b.jpg_DSC4211_DxO-b.jpg

写真1 メルエンプタハの墓 壁画
写真2 ミイラの入っていた石棺

_DSC4289_DxO-b.jpg_DSC4217_DxO-b.jpg

写真3 ラムセス4世の墓 ラー・ホルアクティ神とラムセス4世
写真4 通路

_DSC4229_DxO-b.jpg_DSC4259_DxO-b.jpg
写真5 玄室 石棺
写真6 壁画

_DSC4223_DxO-b.jpg_DSC4271_DxO-b.jpg
写真7 玄室 天井絵
写真8 7を左90℃回転後の下半分の絵

観てきたようにとても綺麗に残されているなぁ・・

王家の谷 2 ルクソール エジプト旅行記6日目

エジプト旅行記 2017年
12月22日 王家の谷 その2 ルクソール

ツタンカーメンとラムセス3世の墓
_DSC4121_DxO-b.jpg_DSC4130_DxO-b.jpg
写真1 ツタンカーメンの墓に入ったが、撮影禁止・・でこれだけ。
写真2 ラムセス3世の墓通路

_DSC4136_DxO-b.jpg_DSC4139_DxO-b.jpg
写真3 ここも壁画がよく保存されていてカラフルだ。右の黒い犬はアヌビスか。
写真4 

_DSC4151_DxO-b.jpg_DSC4157_DxO-b.jpg
写真5 
写真6 

_DSC4174-b.jpg_DSC4190_DxO-b.jpg
写真7 
写真8 ラーと対面しているのはメルエンプタハ王に見えるが・・

王家の谷 ルクソール エジプト旅行記6日目

エジプト旅行記 2017年
12月22日 王家の谷 ルクソール

古代エジプトの都・テーベのあったところ。
第11王朝(紀元前2134年頃 - 紀元前1991年頃)の時に、テーベを首都にして中王国時代が始まり繁栄。
新王国時代以前の王の墓の多くが盗掘にあっていたことから、トトメス1世によってはじめて自分の墓のありかを隠す目的でこの谷に初めて岩窟墓が建設された(wiki)。

_DSC4046_DxO-b.jpg_DSC4193_DxO-1-b.jpg
写真1 王家の谷入り口
写真2 全体マップ

_DSC4076_DxO-b.jpg_DSC4079_DxO-b.jpg




写真3 ラムセス9世の墓の中の壁画
写真4 右手に自分のミニチュア

_DSC4082_DxO-b.jpg_DSC4085_DxO-b.jpg
写真5 死んだ王を船で運んでいるのか?
写真6 何故か猿(ヒヒ)

_DSC4100_DxO-b.jpg_DSC4109_DxO-b.jpg
写真7 玄室の壁と天井絵
写真8 クヌム神と蛇
蛇がいろんなところに出てくる。

エドフ(ホルス)神殿 エジプト旅行記5日目

エジプト旅行記 2017年
12月21日 その4 エドフ(ホルス)神殿

プトレマイオス朝時代の紀元前237年から57年にかけて建造された、ハヤブサ神ホルスに捧げられた神殿。
長い間、砂漠の砂等に埋もれていたので保存状態が良く、「その壁にある碑文は、古代エジプトのギリシア・ローマ時代における言語、神話、宗教について重要な情報を提供」しているとのことだ(wiki)。

_DSC4022_DxO-1-b.jpg_DSC3869_DxO-b.jpg
写真1 塔門
写真2 入り口のアップ

_DSC3878_DxO-b.jpg_DSC3995_DxO-b.jpg
写真3 周柱式中庭
写真4 多柱室入口

_DSC3893_DxO-b.jpg_DSC3914_DxO-b.jpg
写真5 ホルス像
写真6 キリスト教徒によって焼かれた天井後

_DSC3917_DxO-b.jpg_DSC3932_DxO-b.jpg
写真7 至聖所(Sanctuary)
写真8 室内の壁にもビッシリ・・

_DSC3961_DxO-b.jpg_DSC3983_DxO-b.jpg
写真9 高く長い壁にもビッシリ
写真10 ホルスがセトを滅ぼす物語が描かれているらしいが・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。