FC2ブログ

ミケーネ文明及びエピダウロス古代劇場 ギリシャ3日目

ギリシャ旅行記 2018
6月2日

アテネからペロポネソス半島へ

DSC06160_DxO-b.jpgコリントス運河

現地ツアーで、各ホテルで拾っていくと、それだけで1時間くらいかかる。
最初に乗り込んだので、出発するのが1時間後でそれから1時間少々かかって到着。
トイレ休憩もかねて、運河を見学。

運河全長6343mで、水面部幅が約24m、高さが50m強。
この運河は、古代ギリシャ時代から計画されていて、あのネロ帝が6000人の奴隷を使って、3km以上掘ったが途中挫折・・・
で、結局完成したのはなんと、1893年というから、なんとも長~~い・・・

これが今日の主要な場所ではないので、20分もあれば十分だが、行方不明者が出て、1時間近く遅れてしまった。

DSC06185_DxO-b.jpgDSC06189_DxO-b.jpg
ナフプリオン

今は、小綺麗な観光地になっていて、写真3のようなカットが定番。
しかし、路面からの反射もあって、日陰でないと厳しい。

DSC06203_DxO-b.jpgDSC06213_DxO-b.jpg
DSC06209_DxO-b.jpgミケーネ文明・遺跡

写真4のように、駐車場から少し登っていくと、
写真5 獅子の門 がある。
頭部が壊れているが、無理矢理三角形にはめ込んだせいか、頭部が小さい(?)。

ミケーネ文明:紀元前1600年~前1150年ごろの青銅器時代
遺跡はドイツのシュリーマンによって発見された。

写真6 円形墳墓

DSC06190_DxO-b.jpgDSC06194_DxO-b.jpg
DSC06193_DxO-b.jpg写真7-9 トロス式墳墓

アトレウスの宝庫

紀元前1400~1300年頃に造られたらしい。
アガメムノンの父のアレトウス王の「宝庫」らしい。
たくさんの「財宝」が納められていたが、盗掘されており、ほぼ残っていなかった・・・

DSC06216_DxO_tg2.jpg発掘された「黄金の仮面」

アテネ・国立考古学博物館で撮影

実は、アガメムノンよりももっと古い紀元前1550~1500年頃のもののようだ。

他にも黄金の器等、ザクザク・・・

やはり、ゴールド、ねーー・・・

DSC06172_DxO-b.jpgDSC06168_DxO-b.jpg
エピダウロス 古代劇場

紀元前4世紀に、ポリュクレイトスの子によって建築された。
土に覆われていたせいか、よくぞこんなにしっかり残っていたなぁ・・

この劇場は、音響効果に優れていて、舞台正面での朗読が最上部でもはっきり聞こえるというこだ。
今でも、夏に劇やオペラが公演されるという。
しかし、現代ギリシャ人は、古代ギリシャ人に、ここでもおんぶ?・・・

DSC06174_DxO-b.jpgDSC06179_DxO-b.jpg
エピダウロス博物館

いろいろ発掘されたが、貴重なものはアテネに・・
ここでは、デルフィと違って、顔立ちはいわゆるギリシャ風だ。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント