FC2ブログ

ベルンとジュネーブ スイス11日目

スイス旅行記 2018
6月30日

チューリッヒでの3泊4日の内容は決めずに、日本を出たので、昨夜、
今日は、チューリッヒからベルンとジュネーブへ行って帰ってくる、という少し強行日程ということにした。
まあ、夜遅くなったとしても、チューリッヒなので安心だ。

DSC09151_DxO-b.jpgベルンまでは1時間から1時間半ほどで着く。

しかも、本数が多いので、楽だ。

居眠りするまもなく、もう着いた!

ベルンの町並みは、落ち着いていて、ゆったりしている。
写真1のような、トラムがよく走っている(スイス全般)。

奥の時計塔は、ベルン市内のいたる所にある(似たような)。

しかし電線が多いので、撮影には極めて邪魔・・・

DSC09176_DxO-b.jpgDSC09229_DxO-b.jpg
ベルン大聖堂と内部のステンドグラス。

ベルンは、人口わずか14万人ほどで大きくはない都市だが、スイスの首都。
歴史的なものだろう・・
大聖堂はこちら側が正面入り口だが、午後遅く(?)にならないと、陽当たりが難しいだろう(撮影)。

DSC09196_DxO-b.jpgDSC09209_DxO-b.jpg
この大聖堂も、登れる(有料)。
で、登って撮ったのが、写真4、5だ。

旧市街が眼下に広がっているが、こうしてみると、建物がギッシリ。
隣とピッタリくっついているんだね・・
まるで4階建て長屋のようだ。
歩いていてると、確かに、隣の道へなかなか行けない。

アーレ側がぐるっと回っているのだが、残念ながらその写真が撮れなかった・・
ご覧のように、緑も多く、こぢんまりしていてイイね。

DSC09274_DxO-b.jpgアインシュタインの家 写真6

スマホで、だいたいこのあたりなんだが・・と、けっこう探した。

行きにこれを見のがすと、探すのが難しい。

この右側から入っていく。

すると、階段があって、登っていく。

この日は、日本人の方が担当で、次の見学者がくるまで話を聞くことが出来た。

DSC09265_DxO-b.jpgDSC09253_DxO-b.jpg
ここに家族で暮らしていたわけだが、広くはない。

ここで、あの特殊相対性理論を生み出したんだ! うーーーん・・・

DSC09294_DxO-b.jpgベルンの市場

野菜や果物がたくさん並んでいる。

右側手前のイチゴが6CHFだから、けっこう安い。

左側には、ニンニクが売っている。

そうそう、スイスで、いろんな種類のスモモが売っていて、買って食べたが、とても美味しいかった。
去年、自宅に植えたスモモは、まだ成らないが、どうかな・・・

スイスの首都 ベルンの街並みをベルン大聖堂上部から撮影した4Kビデオ
Bern Switzerland's capital 4K


DSC09317_DxO-b.jpgお次はジュネーブ

ベルンからジュネーブまでは2時間半くらいの電車が多い。

ジュネーブといえば、もちろん国連。

カンカン照りのなか、やってきたが、5時を過ぎていて、門はクローズ・・

街は、ベルンほど落ち着きもなく、まぁ普通の中都市、って感じかな・・・
レマン湖以外、観光ってこともなさそうだし、わざわざ来るところでは無いような・・・
チューリッヒに3泊で、正解かな。

DSC09380_DxO-b.jpg対向電車撮影

何かというと、「ローリングシャッター現象」。

写真11は、F:2.0 SS:1/8000 ISO:3200
での撮影。

でも車体の下部がに対して、窓が歪んでしまった。

すぐ隣のレーンを走っていたので、よりはっきり出てしまったようだ。

そう遠くないうちにグローバルシャッターがデジイチでも実現されそうだが、8Kと同時くらいに出てくるかな・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント