スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナスカで地上絵を見るはずが・・

ようやく、ナスカ到着。
あらかじめ連絡してあったらしく、それほど待たずに、我々3人は名前を呼ばれて、「待合室」のような所に入った。
10名あまりいたかな。いよいよだ、しかしバギーで悪くなった気分がまだ・・・
という状況だったが、そこで延々と待たされた。1時間以上たった頃に、今日は風が強くなってきたので、今のところ飛べる状況ではない!ということで、またしても「中止」!明日に延期することになった・・・

で、今日は、ACUEDUCTOS(水路)へといくことになった。

170608_DSC0146.jpg170608_DSC0148.jpg
α7R2+FE28mm 以下同じ

英語とスペイン語のガイドが3人のために付いている。

近くに大きな川はなさそうだったが、水源はどうなっているのか?

170608_DSC0150.jpg写真2の下が、写真3。

今でも、水が流れ、農業用水路として使われているらしい。

実際、周り(写真2の右側)は、豆が栽培されていた。

この渦巻き状の通路はいいね!
これだと、長さは長くなるが、楽に下まで降りることができる。
下まで降りて手を入れてみたが、水は冷たくはなかった。

170608_DSC0152.jpg170608_DSC0152_x1t.jpg
写真3は、「カビ」が生えたサボテン。
なぜ、カビを生えさせているのか?
と思ったら、この「カビ」は、潰すと紫色の色素を多く含んでいて、染色するのに使われていたそうだ(今も?)。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。