FC2ブログ

マチュピチュ村

6月15日(木) マチュピチュ村散策

といっても、観光客が滞在する村としては、山に囲まれた狭いところで、端から端まで時間かけずに歩いて回れる。

170613_DSC0725_DxO.jpg170613_DSC0725_DxO_x1t.jpg
α7R2+FE28mm 以下同様
写真1 マチュピチュ村で、もっとも広い場所をとっている、鉄道・駅関連施設。
写真2 1のピクセル等倍
ディーゼルの224 こいつに引っ張ってもらったようだ。

170613_DSC0723_DxO.jpg170612_DSC0610_DxO.jpg
写真3 村の反対側の行き止まりにある建物、ホテルだろうか?
雰囲気があり、見た感じはいいが、実際泊まるのはどうかな・・

写真4 マチュピチュ村中心地区 すぐ裏には険しい山が迫っている。

170617_DSC0884_x1t.jpg写真5 村にいたイヌ

はじめ、エッこんなところに黒豚が・・
と思ったが、よく見ると犬だった。

これが1匹だけではなく、何匹かいた。

ペルー人は、イヌに寛容らしく、みんな放し飼いで、

注意して歩かないと、後でヤバいことに・・・


170612_DSC0608_DxO.jpg170612_DSC0609_DxO_t.jpg
写真6 6月は1ヶ月、ペルーではお祭りだ。
よーく見ると、アルパカが・・・

写真7 ピクセル等倍
子供の視線が・・・

170612_DSC0612_DxO.jpg170612_DSC0616_DxO.jpg
写真8 祭りは夜も
写真9 ISO:3200 SS:1/30
なので、踊っている女性をとめることができない!

ピークの夜は、朝まで、ドンドン、ピーヒャラ、○△×・・続くんだなぁ・・
しかし、雄叫びを上げる人は、いないので、あまり「熱気」は伝わってこない・・
我々の感覚がおかしいのか・・・

ペルー旅行最大の目玉・マチュピチュ3泊4日も、そろそろ終わり。
午後の列車でクスコに戻る。
マチュピチュ遺跡、ワイナピチュ登頂、Mt.マチュピチュ登頂、村の散策と、まずまず天気にも恵まれ、最高のマチュピチュだった。
マチュヨの現地ツアーだったが、とても満足できるものだった。マチュヨの皆さんありがとうございました。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント