FC2ブログ

マチュピチュ遺跡

10時から、英語の集団ガイドの予定だったが、遅れたせいか、我々2人に対して、マチュヨのスタッフが、ガイドとして英語で説明してくれた。

170612_DSC0560_DxO.jpg170612_DSC0560_DxO_x1t.jpg
α7R2+FE28mm 以下同様  右:ピクセル等倍

写真1 おなじみの写真だが、とりあえずの1枚。
一見あまり観光客がいないようだが、実は、この手前にかなりいる。
右のピクセル等倍で見ると、観光客がいるのが分かる。奥の険しい山が、明日登る予定のワイナピチュだ。

170612_DSC0577_DxO-1.jpg170612_DSC0577_DxO-1_x1t.jpg
170612_DSC0577_DxO-1_x1t2.jpg写真3 マチュピチュ遺跡の左側(西)の急斜面に、段々畑跡が見える。

左下は、ウルバンバ川だ。

写真4は、3のピクセル等倍でワイナピチュ山頂近辺。

写真5も等倍。


170612_DSC0581_DxO.jpg170612_DSC0588.jpg
 写真6 「太陽の神殿」
撮影時間:06121105 冬至前の11時過ぎ
一体、何時頃に陽光を見るのだろうか?
12時か、それとも早朝か?

写真 7 「主神殿」
しっかりした石で組まれているが、組み合わせは単純(直線的)だ。
そのためかどうかは分からないが、右側は地震で壊れたといわれている。
右の大きな石は、「祭壇」(or生け贄台)のようだ。

170612_DSC0582_DxO.jpg170612_DSC0582_DxO_x1t.jpg
写真7 入り口近くの急斜面に作られた段々畑
相当の大きさ。

写真8 7のピクセル等倍
を見ると、人と比べて、1段の広さが結構あるのが分かる。

170612_DSC0598_DxO.jpg170612_DSC0598_DxO_x1t.jpg
写真9 「休憩所」となっているが、ワイナピチュへ登る「準備室」らしい・・・

写真10 屋根素材は、茅か、い草のようにみえる。トトラよりも繊細だな・・

170612_DSC0600_DxO.jpg170612_DSC0600_DxO_x1t.jpg
写真11 「聖なる石」
大きな1枚岩で、バックの山の形を模したもののようだ・・

写真12 ペットボトル下げ なかなか活けてるね!

170612_DSC0605_DxO.jpg
写真13 コンドルの頭(嘴)石


この日は、マチュピチュ1日目で朝5時30出発で、これから昼食・・
あぁー疲れた・・・・・・
ということで、ここまで・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント