FC2ブログ

旧市街を歩いていて事件・・

アルマス広場からサン・マルティン広場へと、旧市街のメインストリートを人混みの中歩いているとき、事件が起こった。
ペルー人のおばさんが、「ちょっと、汚れているよ!」(と言ったのだと思う)、と声をかけられた。
見ると、バッグがグリーンのソースようなものをかけられている。
「バッグをおろせ」と言われて、降ろすと、トイレットペーパーを取り出し、拭こうとするので、「No thank you」と言って(身振り)、まずは遠ざけた。
ちょうど、サン・マルティン広場へと着く直前で、だ。
近くには、適当な(安全な)置き場がなかったので、ベンチまでそのまま歩いて行き、そこで丁寧に拭き取った。
(宿へ帰ってからそのことを話すと、やはり「危ねー!」と)

170723_DSC5774.jpg170723_DSC5769.jpg
上の写真は今回持参したバッグだ。
今回のペルー旅行では、マチュピチュで山に登る予定なので、軽くて機能的なカメラバッグを探していた。
で、見つけたのが、これ「Amazonベーシック カメラリュック」だ。
コンパクトの割に、厚手のクッション材が入っていて、かつ1kgもない!という、極めて優れもの。
しかも、Amazonベーシックで安い!!
ということから最適、結果的にとても良かった。
カメラ:α7R2(フルサイズ)、レンズ:FE 28mm F2、FE 55mm F1.8 ZA、FE 85mm F1.4 GM、SAMYANG 12mm FISH-EYEの4本、という気合いの入ったものを揃えた。写真2のように、全て入りかつまだ小部屋があるので、小物を入れた。
重さは確か4kg前後だったと思うが、大活躍した。

170723_DSC5776.jpg170723_DSC5778.jpg
「事件」の後、防犯も兼ねて、薄いパーカーをご覧のように掛けることにした。
パーカーも、薄いのでバッグに入り(他にも1枚撥水パーカー)、重宝した。
安全面から、バッグを後ろではなく「前に背負う」のが良いと言われるが、実際前にすると、非常に歩きにくく、実用的ではない。
また、前に背負っている人は、せいぜい2、3%で、ほとんどが後ろに背負っている。中にはバッグ専用のカバーを掛けている人もいた。
この薄くて軽いパーカー(ユニクロ)は、ちょっとした時に着られるし、とても便利だった。治安の悪いところでは最高の1枚である!

170610_DSC0441_DxO.jpgα7R2+FE28mm

「事件」後、ミラフローレス方向へ、歩いて行った。

すると、途中から観光客の姿は見えなくなり、ほとんど現地在住のペルー人ばかりとなった。
さらに、東へと延びる道には、人々でごった返しているところがあり、思わずそちらへと進んでいった(危ないか?)。

おそらく、「アメ横」のようなところで、いろんなものが大量に売られていて、大袋で買っている人も少なくなかった。
まあ、ペルー人のごく普通の生活の一部(ショッピング)が見られたので、良かった。

170610_DSC0445_DxO.jpg170610_DSC0445_DxO_x1t.jpg
そこで出くわしたのが、「パレード?」か、写真6だ。
観光客はいないが、ペルー人たちが、じっと見ている。
が、そう盛り上がっているわけでもない。けっこう静かに見るんだなぁ・・・

写真7は、6のピクセル等倍カットだが、ご覧のように、綺麗だ!  足先まで・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント