FC2ブログ

ミケーネ文明及びエピダウロス古代劇場 ギリシャ3日目

ギリシャ旅行記 2018
6月2日

アテネからペロポネソス半島へ

DSC06160_DxO-b.jpgコリントス運河

現地ツアーで、各ホテルで拾っていくと、それだけで1時間くらいかかる。
最初に乗り込んだので、出発するのが1時間後でそれから1時間少々かかって到着。
トイレ休憩もかねて、運河を見学。

運河全長6343mで、水面部幅が約24m、高さが50m強。
この運河は、古代ギリシャ時代から計画されていて、あのネロ帝が6000人の奴隷を使って、3km以上掘ったが途中挫折・・・
で、結局完成したのはなんと、1893年というから、なんとも長~~い・・・

これが今日の主要な場所ではないので、20分もあれば十分だが、行方不明者が出て、1時間近く遅れてしまった。

DSC06185_DxO-b.jpgDSC06189_DxO-b.jpg
ナフプリオン

今は、小綺麗な観光地になっていて、写真3のようなカットが定番。
しかし、路面からの反射もあって、日陰でないと厳しい。

DSC06203_DxO-b.jpgDSC06213_DxO-b.jpg
DSC06209_DxO-b.jpgミケーネ文明・遺跡

写真4のように、駐車場から少し登っていくと、
写真5 獅子の門 がある。
頭部が壊れているが、無理矢理三角形にはめ込んだせいか、頭部が小さい(?)。

ミケーネ文明:紀元前1600年~前1150年ごろの青銅器時代
遺跡はドイツのシュリーマンによって発見された。

写真6 円形墳墓

DSC06190_DxO-b.jpgDSC06194_DxO-b.jpg
DSC06193_DxO-b.jpg写真7-9 トロス式墳墓

アトレウスの宝庫

紀元前1400~1300年頃に造られたらしい。
アガメムノンの父のアレトウス王の「宝庫」らしい。
たくさんの「財宝」が納められていたが、盗掘されており、ほぼ残っていなかった・・・

DSC06216_DxO_tg2.jpg発掘された「黄金の仮面」

アテネ・国立考古学博物館で撮影

実は、アガメムノンよりももっと古い紀元前1550~1500年頃のもののようだ。

他にも黄金の器等、ザクザク・・・

やはり、ゴールド、ねーー・・・

DSC06172_DxO-b.jpgDSC06168_DxO-b.jpg
エピダウロス 古代劇場

紀元前4世紀に、ポリュクレイトスの子によって建築された。
土に覆われていたせいか、よくぞこんなにしっかり残っていたなぁ・・

この劇場は、音響効果に優れていて、舞台正面での朗読が最上部でもはっきり聞こえるというこだ。
今でも、夏に劇やオペラが公演されるという。
しかし、現代ギリシャ人は、古代ギリシャ人に、ここでもおんぶ?・・・

DSC06174_DxO-b.jpgDSC06179_DxO-b.jpg
エピダウロス博物館

いろいろ発掘されたが、貴重なものはアテネに・・
ここでは、デルフィと違って、顔立ちはいわゆるギリシャ風だ。

デルフィ 古代ギリシャの神託所

at-acro1-100.jpgデルフィ 古代ギリシャの神託所 4Kビデオアップ
Delphi Greece 4K
ギリシャ・デルフィ遺跡・考古学博物館 α7R2で撮った高精細スチルとビデオから作成した高画質4Kビデオ

デルフィ遺跡 ギリシャ 2日目

ギリシャ旅行記 2018
6月1日
昨日、アテネ市内にも事務所のある日本人経営・日本語の通じる旅行会社のマリソルへよって、6/1と2の各1day現地ツアーを申し込んだ。

で、今日はデルフィ遺跡(デルポイ)・ギリシア最古の神託所だ。

DSC06034_DxO-b.jpgDSC06035_DxO-b.jpg
DSC06039_DxO-b.jpg写真1、2 アポロン神殿
神殿入り口に刻まれていたという3つの格言
・汝自身を知れ
・過剰の中の無
・誓約と破滅は紙一重
紀元前に・・・

写真3 宝庫
20世紀になってから、再建されたということで、どこまでがギリシャ時代のものかは定かではない・・

DSC06031_DxO-b.jpgDSC06033_DxO-b.jpg
DSC06028_DxO-b.jpg写真4、5 古代劇場
屋外なので、壊されたものはないようで、けっこう原型を残しているようだ。
35段あるらしい。
しかし、アポロン神殿の上にあるので、見下ろすことになるが、「神」は気にしなかったのだろうか?

写真6 競技場
格闘技場というより、短距離運動場のように思えるが・・・

DSC06145-b.jpgDSC06151_t-b.jpg
アテナ・プロナイアの神域
アポロン神殿の少し下のところにある。
トロスといわれる円形の建物だったようだ。
写真8 7と反対側から見ると、上部の紋様がまだ残っている。

DSC06043_DxO-b.jpgDSC06046_DxO-b.jpg
デルフィ博物館
写真9 ナクソス人のスフィンクス
写真10 カリアティデス

DSC06083_DxO-b.jpgDSC06143-b.jpg
写真11 やはりゴールド
青銅の顔は、鼻が高く美形だ。
現在のギリシャ人もそうだが・・
写真12 青銅の御者像
これもだ。

DSC06066-b.jpgDSC06086_DxO-b.jpg
写真13 アルカイック期の彫像
アルカイック(古い)期とは、古典時代の前すなわち紀元前8世紀から紀元前5世紀初頭頃。
これだけ顔が変わっているのは、モデルが違うんだろうと思うが・・・
写真14 印象に残った絵皿

デルフィ博物館には、発掘されたたくさんの出土品が展示されている。
ギリシャ古典時代以前のものもあって、複雑になっているが、古代ギリシャを理解するには必須なところだ。

アテネ アクロポリス 4Kビデオアップ

at-acro1-100.jpgアテネ アクロポリス 4Kビデオアップ
Acropolis of Athens 4K
ギリシャ・アテネ アクロポリス ゼウス神殿等をα7R2+18105Gで撮った高画質4Kビデオ

アテネの古代アゴラ 4K動画

athen-ag-100.jpgアテネ 古代アゴラ ギリシャ 4Kビデオアップ
Ancient Agora Athens Greece 4K
古代ギリシャ人の生活の中心 古代アゴラ SONY α7R2+18105Gによる4Kビデオ撮影

アテネ アクロポリス・パルテノン神殿 ギリシャ1日目

ギリシャ旅行記 2018

---2018年 メイン旅行 スケジュール等---
2018年5月30日~7月5日まで、ギリシャ、イタリア、スイス、現地35泊の旅行記。
2名(合算134歳)

使用カメラ:α7R2
レンズ:28mm,アダブター21mm,55mm,85mm.APS-C18-105mm(動画用)
オリジナル写真は長辺8000ピクセル弱、動画は4K(ユーチューブup)
写真は全て縮小してあるが、無断使用は禁止、高画質画像は別途販売しています。

5月30日
荷物を減らすべく、必要最低限に没・没・没
一脚・三脚も没!
大きめのスーツケース1個(約20kg)+各自リュック1+貴重品入れショルダー

成田発12:00 モスクワ経由 アテネ22:40着予定

数十年前のアエロフロートと比べると格段に快適!JAL、ANAとそんなに差が無い。
なにしろ安い!
----------------
5月31日
30日深夜にアテネ国際空港(エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港)で入国手続きを済ませて、SIMを入れ替えてから、タクシーに乗り、ホテルへ行った。車中グーグルマップを見ながら行ったが、ほぼ問題なく走っていた(悪質ドライバーではない)。

athens1.jpgathens2.jpg
ホテルといっても、30日から5泊するのは、カメレオンユースホステルだ。
ここは、アクロポリスから約1kmのところにある。ほとんどはドミトリーだが、別棟で結構広いところがある。その割に安い。
建物は古く、通常の日本人観光客には、向かないと思うが、これから始まる35泊の旅初めての宿なので、安くて広い、という我々にはうってつけの宿だ。
写真1 広いバルコニーで、ゆったりと朝食。

写真2 バルコニーからの眺め。
アテネ市内の、住宅地とホテルが並んでいる。

agora11.jpgagora12.jpg
さて、今日はギリシャ・アテネの第1日目。
まずはホテルから、いろいろ見ながら、歩いて古代アゴラへ。
スマホのマップを見ながら歩くので、スマホは手に持つか、安全なところでは胸ポケットに・・ようやく到着・・
チケット売り場で、古代アゴラ、パルテノン神殿等の共通チケットを購入。

写真3 アグリッパ音楽堂(残っている柱)
ローマ時代に建てられたらしい。もちろん残っているのは一部だけだ。
写真4 ヘーパイストス神殿
紀元前5世紀にたれられたらしい。柱はもちろん、珍しく屋根まで残っている。

ate-tyuro-1080.jpgagora10.jpg
写真5 柱廊
写真6 アゴラから見たアクロポリス
アゴラとは人の集まる場所で、古代ギリシャ人の生活(政治・経済・文化)の中心だったようだ。
いろいろな建物があってかなり広い。
また写真のようにアクロポリスも見える。

DSC05960_DxO-b.jpgDSC05971_DxO-b.jpg
DSC05972_DxO-b.jpgDSC05978_DxO-b.jpg
写真7 アクロポリス
入り口・出口近辺は狭いのでかなり混んでいる。
写真8-10 パルテノン神殿
写真9のように、けっこう補修跡が残っていて無残だ!
写真10 天井部分はかなり危なそうだ。石が割れている・・

DSC05961_DxO-b.jpgDSC05966_DxO-b.jpg
写真11 ヘロディス・アッティコス音楽堂
こちらも工事で、残念ながら近づけない。

写真12 エレクテイオン神殿
かつてはアテナの女神像が安置されていたそうだ。

DSC05991_DxO-b.jpgゼウス神殿

アクロポリスの東側にある。
もちろん歩き。

「紀元前6世紀、僭主政のアテナイの時代に建設が始まったが、古代の世界で最大級であった神殿は完成させることがでなかった。神殿の完成は2世紀にローマ皇帝ハドリアヌスにより成し遂げられた。・・・・・・・・
425年、東ローマ帝国皇帝テオドシウス2世はキリスト教以外のローマ神やギリシア神を祀ったゼウス神殿を否定し、5世紀から6世紀にかけて神殿は破壊され石材は周辺のキリスト教の聖堂の建築に再利用された。」(ウィキペディア)

で、結局、今は柱だけ・・・
世界遺産を見ると、このパターンが多い。「宗教の持つ力」をつくづく感じるね・・・

チューリッヒからミラノへ

スイス旅行記 2018
7月2日

楽しかったスイス旅行も今日で終わり。
再びイタリアに戻って、ミラノからモスクワ経由で成田へ行くことになる。

ミラノについては、別扱い(イタリア旅行記)とするので、とりあえず、これでスイス旅行記は、終了。

そうそう、スイス旅行を安くす方法については
・COOPを積極的に利用する。
  おそらくこれは誰でも考えつき実践している日本人は少なくないでしょう。
●ホテル代を安くする「HOTEL CARD」
HC1-600.jpg日本人旅行者では使っている人が極めて少ないようです。
これを使うと、ホテル代が半額になる!!
使用するまで半信半疑でしたが、全く問題ありませんでした。
まあ、万一駄目だったら、当日でもネットでホテルはとれる・・のつもりでした。
使用できるホテルの数はあまり多くありません。
スイスとドイツが中心のようです。
  

では・・・

チューリッヒ スイス 4Kビデオ

zu1-100.jpgチューリッヒ スイス 4Kビデオアップ
Zurich Switzerland 4K
スイスを代表する都市で、最も魅力的な街。α7R2+18105G 4K撮影

チューリッヒの街 スイス12日目

スイス旅行記 2018
7月1日

今日は、1日、チューリッヒの街を観る・撮る、でゆっくり。
チューリッヒは、人口約40万人で、実質的な首都機能を備えている、スイス第一の都市といっていいでしょう。

v-lake01-1080.jpgチューリッヒ湖

ホテルは、チューリッヒ湖の近くで、まずは湖に行くと、もう市民が思い思いに楽しんでいた。

木陰で本を読んでいる人、簡単なシートを敷いて寝転んでいる人・しかし焼きすぎじゃないか?・・・

写真のように、スタンドアップパドル・サーフィンを楽しんでいる人。
これは初めて見たが、何人かいた。
7月1日、日曜日だったので、目立ったんだろう・・

DSC09430_DxO-b.jpgDSC09396_DxO-b.jpg
写真2は、聖ペーター教会
スイスにも、教会は少なくないが、あまり宗教色を感じないなぁ・・

写真3は、オペラハウス
実は、この手前がかなり広い広場になっているが、小さな画像なのでこちらをUP。

tyu-st.jpgチューリッヒ中央駅

鉄道網が発達しているスイスで、国内外へ行く鉄道の中心とあって、44番ホームまである。

が、エクスプレスとローカル線が分かれていて、発車ホームは、比較的分かりやすい(比イタリア)。

拡大してみれば、ほぼ発車ホームが確定しているのが分かる。

DSC09485_DxO-b.jpgtyu-tram1.jpg
写真5 バーンホフシュトラッセ

正面奥がチューリッヒ中央駅

ご覧のように、アッと驚く、スカスカ・・イイね!
まあ、日曜日ということもあるが・・
日本でいえば、銀座に緑があちこちにあって、ゆったり過ごすことも出来る、といった感じだな・・・

写真6 スイスでは珍しく、派手派手なトラム。
落書きではなくれっきとした広告だ、LENOVO!

DSC09533_DxO-b.jpgDSC09524_DxO-b.jpg
写真7 大聖堂とハンス・ヴァルトマン像
大聖堂(Grossmunster)は、いろいろ撮ったが、邪魔物が多い、光線が・・
ということで、これに。
リンデンホフの丘からのもあるが、それは4Kビデオの方で。

写真8 ユートリベルク(Uetliberg) 展望台

チューリッヒ中央駅から電車で20-30分くらいだったと思う。
10分ほど歩いて小高い丘の上にこの塔が建っている。
ここの上からだと、チューリッヒの町を一望できるので、時間があれば是非お勧めのスポットだ。

DSC09518_DxO-b.jpgDSC09526_DxO_t.jpg

写真9 チューリッヒ 21mm
右側のチューリッヒ湖畔にも町は広がっている。
人口40万人で、これくらいだと緑もあって、ゴミゴミしていない。

写真10 105mm撮影したものをトリミング、若干縮小したもの。
聖ペーター教会、フラウミュンスター、大聖堂が並んでいるのが分かる。
少々ガスってはいるが・・

魅力的な街チューリッヒをα7R2+18105Gで撮った4Kビデオ
Zurich Switzerland 4K

スイス 首都ベルン 4Kビデオ

YouTube スイス 首都ベルン  4K

bern-100.jpg

Bern Switzerland's capital 4K

スイスの首都 ベルンの街並みをベルン大聖堂上部から撮影した4Kビデオ